Skip to content

命名でさらに運気をアップ!陰陽五行を理解しよう

中国の陰陽五行説とは?

陰陽説、五行説と呼ばれる二大思想が生まれたのは古代の中国で、はるか数千年前のことなんですよね。陰陽説は、あらゆるものは単独で存在するのではなく、陰と陽のような、相反する二つの要素(天地・吉凶・男女・精神と肉体など)によって成立すると説いていますね。陰が極まれば陽が生じ、陽が極まれば陰がきざし、それぞれが盛衰を繰り返すとされているんですよね。子供の命名では、陰陽五行説を理解しておくと、さらに運気をアップさせることができますよ。

東洋の占いの基礎とは?

五行説は、万物が「木・火・土・金・水」の五つの要素によって成り立っているとする考え方で、それらの消長、結合、循環によって、すべての現象を説明するんですよね。その後、歴史の流れの中で、陰陽説と五行説とが統合され、陰陽五行説が成立しました。完成度の高いこの思想は、後世に非常に大きな影響を与えたんですよ。東洋の占いには、ほぼすべて、この思想が根底にあるんですよね。姓名判断も、基本的にこの陰陽五行説に基づいているんですよ。

奇数と偶数の配分で心身の健康を保つ!

姓名判断で「陰陽」と呼ばれるのは、姓名を構成する文字の奇数(陽)と偶数(陰)の配分のことですよね。ほかの構成要素に問題がなくても、陰陽がかたよっていたり、気の流れを止める配置だったりすると、バランスがくずれ、心身の健康に影響するとされますね。命名では、できるだけ「安全良格」となる配分を心がけ、良格にできなくても「凶格」にならないように注意しましょう。姓や名が3字以上になる場合は、特に陰陽をチェックしたほうがいいですね。

スポーツ施設や商業施設には、運営費の捻出を目的として民間企業に命名権を与え、双方にとって知名度を向上させるネーミングライツという手法を活用する事例があります。