Skip to content

大切なお子さんに愛着のある名前を……!?

「個性」を重視した結果

「子宝」という言葉があるように、子どもが生まれることは誰にとっても嬉しいことですよね。だからこそ、何時間もかけて名前を考えるという方が多いのではないでしょうか?「この子だけの名前を」と個性を重視した結果生まれたのが、「キラキラネーム」でしょう。今や1、2位を争う名前となったのが「黄熊」と書いて、「ぷう」と呼ぶ名前です。他に、「今鹿」と書いて「なうしか」と呼ぶ名前にも高い人気が集まっています。「熊」や「鹿」を名前に含めることに抵抗があるという方もいるかもしれませんね。

一生、愛着を持てる名前を

「ぷう」や「なうしか」は今や国民的なアニメとなった某キャラクターの名前です。このため、ブームにのってつけられた名前ではないかもしれません(キラキラネームそのものがブームという意見はあるかもしれませんが)。しかし、その名前を大人になった子どもたちはどのように感じるのでしょうか?子どもに改名したいと思われてしまわないように、「個性」を重視するのもほどほどにした方がいいのかもしれませんね。また、キラキラネームが主流となった今、あえて古風な名前をつけることが「個性」につながるのではないでしょうか?

キラキラネームの歴史は古い!?

ちなみに最近、登場し始めたと考えられている「キラキラネーム」ですが、実はその歴史は意外にも古いのです。鎌倉時代に書かれたという「徒然草」にも「違和感のある子どもの名前」に関するお話があります。また、古典落語「じゅげむ」も風変わりな名前をつけたことによってひと騒動が起こるという物語です。いつの時代にも「特別感」を求める大人たちはいるようですね。ただ、この時代には、「子どもの長寿を願う」など、その意味も尊重されていたようですよ。

名前を使って占う姓名判断を行うことで、この先の未来のことなどを占うことができどのようにして生きていけばいいのかの参考になります。