Skip to content

新車よりも格安で買える!?中古車の買い方

中古車を買うならまずは年式で探す

中古車を買う際にはまずは年式に注目してみましょう。自動車は数年ごとにモデルチェンジがされていますのでその際に中古車の価格が下がることがあります。年式が古いほど安くなりますから新車では手の出せない価格の車も旧式を買えば安く購入できます。前のオーナーが何キロ乗ったのかによって程度の違いなどはありますが、さほど古くなければそれほど劣化などもしていませんので、モデルチェンジと同時に中古車を探すのも賢い買い方です。

色によって値段が違うこともある

中古車を買う際に特に色にこだわらないという方はあえて売れていないカラーの車を買うのもよいでしょう。人気色のものとそうでないものの場合には最大で数十万程度の差がつくこともありますから不人気なカラーをチョイスすれば格安で買うことができます。ミニバンやセダンなどの大型車の場合にはモノトーンの色調の車が高くなる傾向にありますから安く買いたい場合にはそれを避けることで市場価格よりもかなり格安な値段で購入できます。

走行距離でも価格が違う

中古車は走行距離がながければ長い程価格が安くなります。総走行距離が5万キロを超えている車の場合には買い取り市場でも販売市場でもかなり安くなることが多くなっています。この程度の走行距離ではトラブルが生じる可能性も少ないので安心できます。また走行距離が長ければすぐに故障するというわけでも無いので、前のオーナーがしっかりとメンテナンスを行っていた車ならば数万キロの走行距離でも状態が良い場合がほとんどです。

中古車を購入する際にお気に入りの外車を買うならボルボの中古車を買ってみましょう。程度や価格も様々なので安心です。